点状角質融解症は市販薬で治る?

点状角質融解症は市販薬でも治るもの?

点状角質融解症は足の裏からの激臭・異臭・悪臭がひどいと同時に
気持ちの悪いクレーター状のデコボコの穴が足の裏にできるため
一日も早く治したい!と思うものではないでしょうか。

 

点状角質融解症

 

では、点状角質融解症は市販薬で治るのでしょうか?

 

 

軽症であれば、市販薬でも治ります

点状角質融解症は、市販薬でも軽症ならば10日間ほど塗り続けること
患部と患部の周辺の清潔を保持することで治ります。

 

ただし、抗菌剤が入っていない石鹸やボディーソープを使っても実はあまり意味がありません

 

点状角質融解症の初期に使える市販薬

点状角質融解症は、細菌が原因なので、薬も細菌を殺す抗菌外用薬で治ります。

 

「アクアチムクリーム」・「ナジロキサンクリーム」・「クリンダマイシンゲル」などが治療に使われる薬ですが、これらはニキビ薬などでもよく使われる治療薬で、点状角質融解症に非常によく効く薬です。

 

が、これらは医療機関を受診しなければ処方されないお薬なので、一般のドラッグストアなどでは購入できません。

 

市販薬では【テラマイシン軟膏】がよく効きます。

 

テラマイシン軟膏は殺菌作用のある2種類の抗生物質(オキシテトラサイクリンとポリミキシンB2)が入っており、この2種類が同時に作用することで効力が強まって、処方薬と同等程度に効果がある、と言われています。

 

点状角質融解症は、角質内の細菌感染ですから、表面を乾燥させ清潔に保つことが最も重要になります。
ですが、ステロイド剤は危険です。
ダラシン等の抗生剤は有効と思われますが、リンデロンVGのようなステロイド剤は症状の悪化を招く恐れがあります。

 

お医者さんなどで、薬を処方された、または市販のテラマイシンを購入した。塗ったら治るから、塗るだけ塗っておこう。
はNGです。

 

お薬を塗る前にやっておかなければならないことがあります。
これは点状角質融解症を予防する、再発予防することにもなりますから必ず行うようにしてください。

 

市販薬を塗る前に抗菌剤入りのボディーソープや石けんで患部を清潔にする

それは、上でも触れましたが、抗菌剤の入っている石鹸やボディーソープなどを使って
よく洗って清潔にすることです。

 

点状角質融解症普通にスーパーやドラッグストアで販売されている石けんは、抗菌剤入りのものはなかなか手に入りません。
しかし、点状角質融解症の再発を予防するためにも、石けん薬用で消臭効果や、抗菌剤入りのものを選んだほうが、後々のことを考えてもよいでしょう。
クリアネオボディーソープには、抗菌・殺菌作用のあるユーカリ葉油が含まれており、同時に消臭効果も高いので、点状角質融解症を市販薬で治す時には使いたいボディーソープです。またo-シメンー5−オール(イソプロピルメチルフェノール)には足臭の原因菌が繁殖してしまう理由となる皮脂腺・エクリル汗腺・アポクリル汗腺の細菌を殺菌し、除去する効果があります。1回3プッシュで1か月は持ちます。
クリアネオボディーソープ

 

靴のムレ対策を行うこと

汗によって足が蒸れることが大きな原因となりますから、できれば、完治するまでは、蒸れそうな靴や靴下は履かないことが一番。
ですが、それは無理がありますよね。
できれば、同じ靴を毎日履き続けないこと。
毎日同じ靴を履いていれば、靴そのものに湿気がたまり、治りが悪くなります。
その靴の中がヌルっとしていたら注意ですよ。
靴の中をヌルっとさせず清潔を保つためには、インソールなどの利用も良いでしょう。
点状角質融解症ただし、市販の活性炭入りのインソールは30日も経過すると、ほとんど効果がなくなってしまいます。できれば、消臭効果+雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性があるものを選びたいもの。備長竹炭で作られたインソール菌ピタ君は足と摂取する部分をメッシュにすることで、
皮脂や垢、角質が菌ピタ君にとどまり、靴の中は清潔な状態に保たれるようにしています。また、菌ピタ君は繰り返し使えることがその特徴なんですが
天日干しする際に、菌ピタ君の表面を軽く叩くだけで菌ピタ君にたまった皮脂や垢、角質がとれるので、何度でも繰り返し使うことができます。
中敷きインソール 菌ピタ君

 

足を清潔に保つこと。
その上で治療薬を塗りましょう。
これは市販薬も処方してもらったお薬も同じです。

 

医療機関で処方される点状角質融解症の薬

点状角質融解症の治療には原因菌を抑える塗り薬が処方されます。
一般的には「ゲンタシン」「アクアチム」などの抗生物質で、雑菌にも有効な「イミダゾール系」と呼ばれる抗真菌薬で治療します。

 

抗生物質を連続して使用し続けると、薬が効かなくなる耐性菌ができてしまうことがあるため、高温多湿状態に足がならないような対策を取ることが大切です。

 

これは市販薬のところでも「予防が大事」と書きましたが、同じような内容になります。

 

足の裏の症状に不安を感じている方や、疑問が解決されない場合は、医師に相談するようにしてくださいね。

 

点状角質融解症の予防策

  • 足の裏を清潔に保つ
  • 点状角質融解症の原因菌は高温多湿になると繁殖を始めます。
    通気性の悪い靴は避けましょう。
    できればサンダルやつま先の開いた靴のほうが蒸れにくいです。
    が、社会人の方はそうもいかないでしょう。
    足を清潔に保つように心がけて、毎日石鹸や抗菌剤を含む洗浄剤で足を丁寧に洗うこと。

     

  • 制汗剤を使う
  • 靴下は化繊素材ではなく、吸湿性のよい綿でできたもののほうが蒸れにくいです。
    使用した靴下は必ず毎日洗濯して、よく乾かすこと。
    生乾きだと蒸れやすくなり、点状角質融解症を再発したり、ぶり返しやすくしてしまいます。
    靴下は清潔なものを履き、できれば頻繁に取り換えるようにしましょう。
    同じ靴を毎日履かないようにして、菌の感染を抑えるようにしましょう。
    汗をかくと菌が増える原因になるので、制汗剤を足の裏に使用すること

 

点状角質融解症は市販薬でも治る?まとめ!

・軽症であれば市販薬でも治ります。
・10日間ほど、薬を塗布することで良くなります。
・薬を塗る前には必ず抗菌剤入りの石けんで洗うこと⇒おすすめはクリアネオボディーソープ
・点状角質融解症は再発しやすいため、常日頃から足裏と靴を清潔にしておくことが大事!

 

点状角質融解症の予防トップ