臭いは記憶に残る アナタの足の臭いも

臭いは記憶に残るって知ってましたか?足の臭い人は要注意!

臭いは記憶に残る・・・って知っていましたか?

 

一度しか行ったことのない場所でも「あぁ、あそこの角の焼き鳥屋さんからいい臭いがしていた」とか、逆に、何かの臭いに触れたときに、急に「あ!このニオイ、あのときの・・・」といった記憶がよみがえってきたという経験はありませんか?

 

そう、臭いは記憶に残るのです。
ということは、アナタの足の臭いも、誰かの記憶として残り、アナタを思い出すたびに「あぁ、あの足の臭い人ね!」なんて覚えられ方をしていたら、とてもイヤですよね。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

 

ここでは記憶と臭いについて、少し紹介させていただきますね。

 

嗅覚の特性

何かを見るときに目を使うので、視覚といい、音を聞くために使われるのが聴覚。
それと同じように、臭いをかぐのは嗅覚です。

 

物を見たり、音を聞いたりするほどには重要な働きをしてない感じがする嗅覚。でも、風邪を引いて鼻が詰まり嗅覚がなくなったことはありませんか?
鼻が詰まると、嗅覚がなくなり、味覚にも影響を与えてしまうようで、食べても味がしない気がすること経験あるかと思います。

 

また、大した働きをしていないかもしれないものの、においから与えられるインパクトは強烈な印象を残しませんか?

 

それが嗅覚の特性なんです。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

前述したように、何かのにおいに接した時、急に昔の記憶がぐわーっとよみがえってきたことはありませんか?

香水や、子供のころに食べたもの、お化粧のにおい、たばこの臭い。
そんなにおいは妙にリアルな当時のことを思い出す。ということありませんか?

 

嗅覚では、例えば、聴覚によって昔の曲を聴いて「あぁ、あんなことがあったなぁ」とか思い出すこともありますが、におい付きの記憶ってものすごく脳に残るんですよね。

 

このような現象は嗅覚の特性なのです。

 

嗅覚による情報はダイレクトに大脳に届きます
嗅覚は視覚・聴覚・味覚・触覚の5つの中で、最もダイレクトに脳に届くものです。
視覚や聴覚と嗅覚は情報を処理する脳の中の経路が異なります。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

臭いを感じるのは鼻の奥のほうにある「嗅細胞」という細胞です。

嗅細胞の先端には、数本の嗅繊毛というヒゲのようなものがあります。においの成分がこの嗅繊毛につくと、嗅細胞が興奮し、シグナルを発して、脳に伝わるシステムになっています。
ちなみに、嗅細胞は鼻の中に2億個も存在します。

 

視覚・聴覚・味覚・触覚の4つは、脳の視床という場所に届き、そこから情報がある程度整理され、大脳へと送られます。
しかし、嗅覚は視床を通らず、ダイレクトに大脳へと送られます。

 

嗅覚はダイレクトに脳に届く・・・ということはアナタの足の臭い!

ご説明してきたように、嗅覚は大脳にダイレクトに送られ、記憶に残ります。

 

初めて会った人が香水の匂いがとてもいい香りであれば
「●●さんという方は、そうそう!とってもいい香りのする人だった!」と、とても良い印象として記憶に残る、ということ。

 

つまり・・・・・・・・

 

点状角質融解症,柿渋石けん

アナタの足がとっても臭かったら、アナタは初めて会った人から「●●さんて、、足が臭い人だよね」という記憶がインプットされてしまう、ということなんです。

初めてじゃなくても「わ、●●さんてこんな足の臭い激しい人なんだ」という記憶が後発情報として相手の人に残ってしまいます。

 

それは、とても悲しいし、恥ずかしいことですよね。

 

自分でも気になっていた足の臭い、激臭。
違う人の頭の中に残るなんてとんでもない!と思ったら、ケアすることから始めましょう!

 

まずは、足をきれいに毎日洗うこと

お仕事をしている人、学生さん。毎日一日に一度は必ず靴を長時間履かなくてはならない状況下にある場合には、足をきれいに毎日洗うことから始めてみましょう。
足の臭いはイソ吉草酸という雑菌と汗と蒸れが結びついて発生する臭いの元です。

 

ですから、靴を脱ぎ、靴下を脱いだ後には必ず消臭効果、殺菌作用のある石けんやボディソープなどで、足をとことん洗うことが必要です。
特に爪の間、指の間は丁寧に洗うこと。殺菌作用、消臭効果のある石けんというと柿渋石けんが有名ですが、スーパーや町のドラッグストアで購入できるタイプのものは、消臭効果・殺菌作用が少し物足りません。

点状角質融解症,柿渋石けん

当サイトで厳選した柿渋エチケットソーププレミアムはドラッグストアなどで販売されているものよりも消臭効果・殺菌作用が高く、価格も同じくらいの価格帯になっています。柿タンニンは特に、色々な体臭対策に配合されている体臭対策の代表的な成分。

悪臭の原因となるイソ吉草酸と結びつき、悪臭成分ではなくしてしまうことで臭いの元から除去します。殺菌効果も高く、皮膚にこびりついた菌をしっかりと洗い落とし、皮膚内に入り込むことで長時間臭い物質を分解するので、カラダから臭いが放たれません。
つまり、臭いを発生させにくい肌を持続させることが可能なのです。

 

究極の柿渋消臭石けん

柿渋エチケットソーププレミアム

 

靴には消臭効果のあるインソールを敷く

靴の中で汗と蒸れによって発生するのが臭いです。つまりは靴の中で蒸れが発生することを防げば、臭いもなくなる。というわけです。
このような効果を狙って、夏になると様々なタイプの靴の中敷き(インソール)が販売されますね。
中には銀入り(消臭効果)のものもあり、ホームセンターなどでも1足980円くらいの価格で販売されています。
が、一般的に販売されているインソールは、その効果は継続的に続いても1か月、2か月が限界です。何しろ、蒸れることで、インソールもぬるぬるとし、クタクタのボロボロになってしまうことが多いからです。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

菌ピタ君は名前の通り、雑菌が繁殖しにくい抗菌性と吸湿性があるインソール。さらに、特徴的なのが、備長竹炭をなるべく多く含んだ靴のインソールということ。

竹炭は日干しなどを行うことで、吸着していたものを放出する、という特性があります。
つまり活性炭とは異なり、空気中の湿気や雑菌のエサとなる汚れを一度雑菌や汚れが吸着しても日干しをすることで、持続的に使用することができるのです。菌ピタ君は備長竹炭を使用することで、1枚を日干しすれば、なんと半年ほど使うことができます。またその消臭効果は非常に高く、活性炭入りの従来のインソールと菌ピタ君を30日間使用したところ活性炭入りのインソールがすでに消臭効果がないのに対し菌ピタ君は消臭効果が持続していることがわかっています。

 

半年継続の抗菌力・消臭力インソール

菌ピタ君

 

制汗スプレーよりも制汗クリームを塗る

汗自体には臭いはありません。汗と蒸れが雑菌と結びついてしまうことが足の臭いの原因です。
とはいえ、靴下を履いて靴を履けば、およそ10分で靴の中は湿度約90%になります。
足の臭いの対策をするためには、どうしても制汗することが必要になってきます。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

そこで足裏用の制汗スプレーなどフットケア商品もたくさんありますが、スプレー形式のものは継続時間に問題があります。利用したことがある方ならば、わかるかと思いますが、スプレー式のタイプの制汗剤は、粉っぽくなって白く残ったり、無香料といいつつも若干香りがあるため、足裏の臭いを混ざり合い、逆にさらに変な悪臭になってしまった、という人も多いのです。ワンプッシュして足裏に塗るだけのクリアネオクリームであれば、無臭ですし、制汗作用も高いため、足裏に汗をおおくかく、サラリーマンの方、部活動に精を出すお子さんにも人気の高い制汗クリームです。

管理人の息子も使っていますが、本当に!靴下がカピカピにならなくなり、足の臭いも確実に減っています。

 

1日ワンプッシュ!当サイト一番人気の制汗クリーム

クリアネオクリーム

 

これらのことを行えば足の臭いだけで記憶に残ることはありません

臭いは記憶に残る。ということをお話ししてみました。

 

点状角質融解症,柿渋石けん

そういえば、あのたばこの臭い、元カレのと同じだ・・・。あのたばこのニオイに気が付くたび、彼のことを思い出すんだよね。

なんていう話も昔聞いたことがあります。

 

それほど臭いは記憶に残るもの。
足の激臭が誰かの記憶に残らないための対策もご紹介しました。

 

「あの人、いつもいい匂いするよね」「清潔感漂うよね〜」とニオイが脳内にインプットされるのであれば、良い香りのする人として、記憶に残りたいものですね。

 

元々、そんなに足のニオイはないはずなのに、急に臭うようになった、足の裏を見ると点々やデコボコの穴が開いている。
こんな状態の場合には点状角質融解症の可能性があります。
当サイトのトップページでは、点状角質融解症について詳しく解説し、役立つアイテムもご紹介しています。
ぜひ、お役立てください。

【点状角質融解症トップページへ】

 

臭いは記憶に残るって知ってましたか?足の臭い人は要注意!まとめ

・嗅覚はダイレクトに大脳に情報が送られそのまま記憶される。
・記憶に残った臭いは最初のインスピレーションにもなります。
・足が臭い方は第一印象が「足が臭い人」になり、イメージがそのままついてしまう場合も・・・。
・足のニオイを完璧になくすための対策は、柿渋石けんで洗い、靴の中に菌ピタ君を張り、クリアネオクリームで制汗すること!