足 臭くなる原因 靴

足が臭くなる原因は靴なのか?足のニオイの正しい取り方

靴の中は、冬でも蒸れやすくてすぐに臭うようになってしまいますよね。

 

少し気温が上がり始めてくると同時に、靴下と靴に包まれている足はニオイがするようになります。
これは、夏ばかりではなくて、冬でも、足の裏に汗をかきやすい人は
靴が蒸れて、足が臭うようになります。

 

足,臭う,靴,点状角質融解症

 

 

靴はなぜ蒸れて臭うのか?

いきなりですが、靴って本当にすぐ蒸れて臭くなりますよね。

 

足,臭う,靴,点状角質融解症「玄関について靴下を脱いだ途端にムァっ!と足が臭う・・・」
「納豆みたいな、この足の臭い!どうにかならないのかーーー!」

 

と誰もが考えたことはあるでしょう。
実際に、夏になると男性用のボディーシャンプーや臭い対策の石鹸など
たくさん販売されますよね。

 

が、あまり効果はなかったんではないでしょうか?

 

そうそう、どうせ使ってみても、その時はニオイは消えても、翌日すぐ戻るんだよな
って。

 

でも、実はそれは、当然と言えば当然なんです。
「体を洗えば消える」これだけだと、ニオイの根本の原因に対して
きちんとしたアプローチができていないんです。

 

本当に大切なのは、臭いの原因をきちんと理解した上で対策をすることです。

 

このページでは、足が臭う原因を知って、完璧に臭いを解消するための対策を紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

靴はなぜ臭うようになる?臭いの原因とは!

なぜ、靴を脱ぐと足や靴、靴下からニオイがむーーーーんと出るのか。
多くの方は
「汗を足にかくから臭くなるんだ」と思っていると思います。

 

でも、これは正しくないんです。

 

足にある汗腺は、エクリン汗腺といって実は1つだけ。
しかもエクリン汗腺から出た汗は、ほとんど水なので、臭いはないんですよ。
試しに嗅いでみてください、ほとんど無臭に近いんです。
もちろん、足に汗はかきます。1日コップ1杯ほどの汗が足からは出るんです。
「汗臭い」という言葉がありますから、汗が臭うと思うのは間違いではないんですが、足の汗に対して汗臭い。という言葉は使わないですよね。

 

足の臭いの元は「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」です。
あまり馴染みのないものですよね。
靴の臭いの物質は、このイソ吉草酸で、脂肪酸の一種。
弱酸性の物質で、納豆がいくつも並べてあるかのような激臭はイソ吉草酸が原因です。
この物質は悪臭防止法の中で「特定悪臭物質」として指定されているほど強烈な悪臭物質で、アンモニアの約2万分の1の量で臭いを感じるほどのものなんです。

 

足,臭う,靴,点状角質融解症

 

イソ吉草酸の原因は皮膚常在菌

イソ吉草酸を生み出しているのは雑菌でもあり、皮膚の常在菌でもあるから、面倒なんですよね。
皮膚常在菌には様々な種類があるのですが、通常は、善玉菌の「表皮ブドウ球菌」がほどんど。
表皮ブドウ球菌は、皮膚や角質を食べ、良い香りの脂肪酸を生み出して皮膚を弱酸性に保ちます。
同時に、アルカリ性を好むカビや悪玉菌をブロックする役割も持っているのです。

 

足,臭う,靴,点状角質融解症が、ご存知、足の中は高温多湿な環境下にありますよね。
つまりは不潔な状態であることが多い、ということ。
高温多湿な環境下において、靴下と靴にまみれた足には、黄色ブドウ球菌や真菌などの悪玉菌が増殖し、善玉菌を抑え込んでしまいます。
黄色ブドウ球菌は、食中毒や感染症の原因菌であり、真菌は水虫の原因菌となります。

 

悪玉菌も善玉菌と同じように、皮脂や角質を食べて脂肪酸を排出します。
これがイソ吉草酸なんです。

 

点状角質融解症の原因も、これが原因。
イソ吉草酸が増殖し続けると、足の裏をデコボコにし、納豆が100個はあるかのような臭いを足から出すようになってしまいます。

 

あなたの足の臭い対策 間違ってない?

靴や足の臭いを防ぐためにはいろいろな方法がありますが、
面倒だったり、なかなか効果を感じられない。という方も多いのでは?

 

靴下や靴を洗ってもニオイがきつい状態になっている場合には、よくある
間違った足の臭い対策」を紹介するので、見直してみてくださいね。

 

靴の中に消臭スプレーを吹きかける

最も、一般的な臭い対策ですよね。
帰宅後、靴を脱いだ後で、消臭・防臭スプレーを靴の中に吹きかける手軽な方法です。
しかし、一瞬は臭いが消えたように感じても、実は消えたように感じるために香料が混ぜ込んであるものもあるため、効果が長持ちすることは実はあまり多くないんです。

 

臭いを消すためだけのスプレーなので、臭いに効果はあっても、原因菌に対する対策を施していないため、表面的な消臭しかできていない、ということになります。

 

足の裏をとにかくごしごし洗う

とにかく、臭いの原因となる足の裏を洗えばいいかな!とごしごしと洗うこと。

 

その時に、指や爪の間はちゃんと洗っていますか?意外と爪の臭いってクサイんですよね。
爪の中には皮脂と角質から出てくる垢がたまっていて、指の間からは汗が出るようになっています。
だから、爪と指の間をきれいにしなければ臭い対策にはなりません。

 

重曹水に足をつける

重曹は万能!と言えるのかどうなのかはわかりませんが
あらゆるところで使えると評判ですよね。

 

特にお掃除、洗濯などで注目を集めていますよね。
重曹には、洗浄力や防臭力が高い効果があるため、重曹を水に溶かし、足湯にして足を浸けることで、足の臭いを防ぐことができる!
という噂もたくさんありますよね。

 

が、重曹には高い洗浄力はあるものの殺菌作用はありません。
だから、その場ではその洗浄力で臭いがなくなったように感じるかもしれませんが、原因菌となることを対策しなければ、すぐに臭いは元に戻ってしまうのです。

 

本当に効果のある足の臭い解消方法

では、どのようにすれば、イソ吉草酸を発生しない足の裏。
つまり臭いのしない足の裏になるのでしょうか。

 

足の臭いを解消する方法として、さらにイソ吉草酸を発生させないためには
消臭作用と抗菌作用のある石鹸やボディーソープを使うことで、消臭成分が足の臭いをシャットアウト。
抗菌作用によって、イソ吉草酸が増殖することを防御します。

 

クリアネオ

イソ吉草酸の臭いが出てくると、普通の石鹸などではなかなか対策をしても効果を得られません、

足の臭いを消すスプレーなどではその場しのぎで、元々の臭いの元であるイソ吉草酸を抑えることができませんし、臭いを解決することには至りません。
一方、抗菌作用のあるボディーソープなどであれば、強い洗浄力で足の臭いの元になるイソ吉草酸が増殖させることを抑えます。
抗菌作用があるため、イソ吉草酸が増殖することも防ぎますから、足の納豆のような臭いの元の部分から解消できます。
元々、体質的に足の臭いがある方でも抗菌作用と消臭効果によって大きく改善することができますよ。

 

オススメは「クリアネオ ボディーソープ」。足の臭い、体臭、加齢臭、ミドル脂臭など、幅広い臭いを解消することができますから、ぜひお試しくださいね。
イソ吉草酸もさっぱり!クリアネオボディーソープ

 

靴を履く前のちょっとひと手間が臭いをなくす

靴の臭いを消す前に、まずは足の臭いをしなければ、意味がありませんよね。

 

イソ吉草酸が増殖することや消臭・抗菌に対しては、上記の消臭ボディーソープで解消することはできます。
が、靴は1日中履いていなければないので、それだけでは足りない
んですよね。

 

足の臭いの元はイソ吉草酸で、雑菌とムレによって発生し、蒸れは汗による湿気によるもの。
だから、足の臭いを防ぐためには、蒸れる原因である汗を抑える必要があります。
「臭いを防ぐなら制汗剤でOKでしょ」と思う方も多いですよね。
ところが制汗剤は香料が結構ある割りには、制汗作用があまり長くないんですよね。
それと粉っぽくなるため、足の通気性も悪くなるので、実際は「その場しのぎ」。
また、強烈な臭いに対しては、役に立たないどころか、臭いが混ざり合ってなんとも言えない状態になりませんか?

 

しっかりとした効果がある制汗&消臭作用のあるものを、靴下や靴を履く前にひと手間足にかけてあげることが必要です。

 

クリアネオ

そこでオススメしたいのがクリアネオです。

値段は高めではあるものの、長時間しっかりとした制汗作用によって汗を抑えることができ、足裏が常にサラサラししています。
強烈な臭いの原因イソ吉草酸もバッチリ対策してくれますよ。
特に、お仕事で1日靴を履いていなければならない平日、運動するときなど、足の臭いの悩みに対して高い効果をしめしてくれます。
クリアネオボディーソープと一緒に使うことで、足の臭いとなるイソ吉草酸も簡単に解決します!
もちろん、点状角質融解症対策にもバッチリです!
クリアネオで一日、足スッキリ!

 

当サイトでは足の臭いを解消する方法について詳しく解説しております。
点状角質融解症の予防トップ