点状角質融解症 臭い靴下 対策

足の臭いは靴下から発生!靴下のニオイ対策徹底解説

自分の足の臭い、体の臭いは気になるものですよね。
特に、靴を脱ぐ場面では、臭いがない人でも、大丈夫かなと気になるもの。普段から足の臭いを気にしている方であれば、なおのことでしょう。
自分が感じる以上に他人は人の臭いに対して、かなり強く感じます。
臭いというものは慣れてしまうため、自分の臭いに慣れるとなかなかわかりにくいのです。

 

靴下,臭い,対策

 

その足の臭いの原因となる靴下の臭いを解決するための効果的な対策をご紹介しましょう。

 

 

自分の臭いは慣れてしまう・・・だからこそ気を付けるのがマナー

現代において、シャワーや入浴を毎日するのは当たり前となっていますよね。
しかし、日本人が毎日入浴するようになったのが、ごくごく近代なのです。
どの国も昔は、おトイレもまともになく、そこらへんに散らばっている状態でしたから、街中の臭いも大変なもの。さらに入浴も平安時代では貴族などでさえ5日間置きとなっていたのだそうですから、臭いはきつかったと思います。
その為に、日本ではお香が流行り、フランスなど欧米では香水があったわけです。

 

靴下,臭い,対策

そこまで、、、とは言いませんが、自分の臭いに気が付かないことは非常によくあること。

例えば、煙草を吸っている人は衣服や部屋はたばこのニオイがついています。が、部屋の中ではそんなにわからないんですよね。ところが、外に出かけたりすると、自分の洋服からたばこのニオイがしてくるのです。そこで「あ、自分はたばこ臭いんだ!」と気づくわけです。

 

ペットを飼っている人も同様で、部屋の中でペットを飼っている人は、普段ペットと自分の臭いが同化しているため、気が付かないものなのですが、ペットを飼っていない人が部屋を訪れたりすると、すぐにわかります。

 

臭いは自分ではなかなか気が付かない、そして自分が思っている以上に臭いはします。足の臭いも同様です。
臭い対策を行うことはイコール、マナーとなりますから、普段から臭いには気を付けることが必要ですね。
臭いは人の記憶に残ります。足が臭い人、、、という記憶をされてしまうのは、たまりませんよね。
こちらを参考になさってください。

臭いは記憶に残る!

 

では、靴下がどうして臭うようになるのか、からご説明していきましょう。

 

靴下から悪臭が生まれる犯人は?

汗臭いという言葉。とてもよく使われている言葉ですよね。
汗は汗腺から分泌され、汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。
そして、エクリン汗腺から分泌される汗は無臭で、アポクリン汗腺から分泌される汗には臭いがあります。

 

靴下,臭い,対策

足の裏には汗腺はありません。が、足指には汗腺があり、それはエクリン汗腺なんですね。だから、本来であれば、足の汗から臭いは発生しないはずなのです。

試しに、裸足でいるときに、じわっとかいている足指の汗の臭いを嗅いでみてください。見事に無臭なんですよ。

 

なのに、足裏からは臭いが発生します。
それは、雑菌がいるからなんです。

 

足裏には常在菌がいて、雑菌もいます。どちらの菌も汗と蒸れ、そして足裏の皮脂を栄養源として繁殖します。そして、人間や他の動物同様に、食事をすれば便や尿などの老廃物を排出するのです。
この雑菌が繁殖するときに出す老廃物こそが「臭い」なんです。

 

点状角質融解症の原因も、菌が大量に繁殖すること。つまり、足裏の雑菌の繁殖を阻止しなければならないわけです。
雑菌は常に共存しているもの。常在菌は皮膚表面など至るところにいるため常在菌と名付けられているわけですが、この常在菌にもいくつもの種類があり、通常は、私たち人間の皮膚表面にバリア機能として存在し、悪い危険な菌から体を守ってくれています。
しかし、常在菌も繁殖しすぎてしまうと臭いを発生するようになり、点状角質融解症のように、皮膚を傷つけるようになってしまうのです。

 

足は体の中でも1日約200mlもの汗を分泌する部位で、その汗を吸い込むのが靴下です。
吸い取られた汗は臭い菌の栄養となり、大量に菌が繁殖するようになってしまいます。繁殖するときに、臭いを発生するため、靴下の臭いの根本的な原因はこれらの雑菌の大繁殖によるもの、ということです。

 

靴下は臭い菌が大繁殖する3つの条件が完璧に揃っている

前述のとおり、臭い菌(雑菌)が繁殖すればするほど、足裏が臭くなる、というわけですね。
このニオイ菌の繁殖条件は3つあります。

 

  • 汗や汚れなど菌が繁殖するための栄養が豊富
  • 湿度の高い環境下
  • 温度の高い環境下

 

これらの環境が見事に揃っている条件が靴下になるわけですね。
1日に200mlも分泌される足の汗を吸い取るのが靴下なので、どうしたって臭いが発生してしまうのは、致し方がない!というところです。
革靴やブーツなど、密閉性の高い靴の中では約10分間で湿度は100%になると言われていますから、ジメジメムレムレしてしまうのは仕方がありません。臭いを発生させてください、と言わんばかりの環境下になっている、ということ。

 

つまり、足を臭くしてしまうのは靴下を履いているから、ということになります。

 

靴下の臭いを強くしてしまうものをシャットアウトするための方法

靴下によって、足の臭いが発生してしまうことはおわかりいただけたでしょうか。

 

しかし、これだけではなく、さらに靴下の臭いを強くしてしまうものもあるのです。

 

素足の状態で菌が繁殖しにくい環境にする

臭いは菌が繁殖することで発生するもの。ですから臭い菌が少なければ、臭いも少なくなります。
が、足は臭い菌が住み着きやすい部位でもあります。その1つが角質。足指には汗腺が集中しているのですが、皮脂腺も実は集中している部位。
だから、脱いだ靴下って足指部分がじとっとしていることが多くありませんか?
点状角質融解症も、足指から足指付近にできることが多いのも、皮脂が菌によって食べられデコボコとなるからです。
この菌は皮脂の隙間に住み着きやすく、皮脂や足の垢、角質は雑菌の栄養にもなっているため、足は清潔を維持し、角質ケアなどもきちんと行うことが大切です。

 

足は、お湯でよくふやかし、石けんを泡立て、隅々まで丁寧に洗うことがポイント。洗浄後は臭い菌対策として湿度を持たせないように、指と指の間の水分をしっかり拭き取り、よく乾燥させてあげることが大切です。

 

靴下,臭い,対策

特に点状角質融解症になってしまっている人、足がとにかくベタベタする人、臭う人は柿渋石けんを使って殺菌、消臭効果を得ることが大切です。ドラッグストアなどでも柿渋石けんは販売されていますが、どうしても洗浄力と消臭力に欠ける部分があります。普通の柿渋石鹸では消臭効果は一時しのぎで、汗をかいたり、蒸れたりすることで臭いは簡単に復活してしまいます。点状角質融解症や水虫などに悩んでいる方の場合には、柿渋ソーププレミアムがおすすめです。臭い対策用の石鹸やボディソープ。やはり臭い対策という名前がつくだけあって、結構お高いものが多く、平均して3000円程度はするんですよね。でも!柿渋ソーププレミアムは価格は他の対策グッズと比べてもぶっちぎりの安さです。通常価格が1つ1886円。で送料も無料です。

平均的な臭い対策石鹸やボディソープと比較して1000円も安い上に、30日間の全額返金保障までついています。

 

 

水虫にも注意

水虫は白癬菌という菌が原因の皮膚病ですがこの白癬菌が臭いというより白癬菌が繁殖し水虫状態にあると他のニオイ菌の繁殖を促し結果として足のニオイ発生量が劇的に増え強烈なニオイとなることがあります。水虫はグジュグジュ系だけでなく乾燥した水虫もありますので疑わしい場合は皮膚科で診察されることが大事です。

 

靴やブーツの臭いを防ぐ

靴下の臭いを強くしてしまうのは、なんといっても靴やブーツなど、足を靴下と共に覆ってしまうものです。
これは説明は要らないほど、ご理解いただけるかと思います。
前述のとおり、革靴やブーツは履くと約10分で湿度100%に至りますから、雑菌にとって、繁殖しやすい状態となります。
靴の中は汗と雑菌と蒸れによって臭いはさらにきつくなり、充満してしまいます。

 

靴下,臭い,対策

そこで、大切となるのが靴のお手入れです。

靴下と異なり、革靴やブーツは洗うことができません。最近では靴専用の乾燥材が販売され、臭い対策のインソールも多くの種類が販売されていますよね。
靴下は毎日取り換えるのに、靴は毎日取り換えている、という男性は少ないのではないでしょうか。臭い対策として、2足を毎日交替に履く、程度が精いっぱいですよね。
靴下を何日も履いていたら、とてもじゃないけど気持ち悪くなるし、臭いも強烈になります。が、同じ環境下にある靴は3日どころか、革靴ともなれば洗うことができないわけですから、靴が臭くならないわけがないのです。

 

理想的には1日履いた靴は外干しをする、など数日は休ませてあげることがベストです。
ですので靴はしっかりお手入れしてあげる必要があるのです。数足靴を用意し、順番に使用すると衛生的で、臭い対策になるばかりではなく、靴自体も長持ちします。
菌やカビなどによって劣化しにくくなり、特に革靴やブーツを長持ちさせたいのであれば、数足、靴を用意すること。
そんなに革靴も用意できない・・・。という場合には、2つの対策方法があります。

 

インソールを必ず敷くこと

夏になると、色々な種類の靴の中敷きインソールが販売されます。中にはイオン配合などのものもありますよね。
しかし、一般的に販売されているインソールは、消臭作用、抗菌作用は、毎日履いていると、1か月もすれば、その効果は薄れてしまいます。3か月もすれば、ボロボロになり、靴の中は、今までと変わらないベトっとした状態になってしまいます。

靴下,臭い,対策

そこで、オススメしたいインソールが菌ピタ君です。平均で84%の靴の臭いを消すという菌ピタ君で足裏のヌルヌル、ベタベタを予防することができます。また、大きなメリットは、ほとんどのインソールは使い捨てですが、菌ピタ君は、日干しをするだけで、その効果が一度雑菌や汚れが吸着しても日干しをすることで、持続的に使用することができるのです。しかし、菌ピタ君は備長竹炭を使用することで、1枚を日干しすれば、なんと半年ほど使うことができます。菌ピタ君は、足と摂取する部分をメッシュにすることで、皮脂や垢、角質が菌ピタ君にとどまり、靴の中は清潔な状態に保たれるようにしています。菌ピタ君は繰り返し使えることがその特徴。天日干しする際に、菌ピタ君の表面を軽く叩くだけで菌ピタ君にたまった皮脂や垢、角質がとれるので、何度でも繰り返し使うことができます。これだけの力があるインソールはなかなか手に入りませんので、夏場や点状角質融解症、水虫のある方、運動部に在籍するお子さんを持つご家庭で非常に重宝され、人気となっています。

 

一日はいた靴を数日お休みさせてあげられない場合は、菌ピタ君でしっかり除菌してあげることでニオイ対策になると同時に衛生的かつ靴の寿命も延ばしてくれますのでお勧めです。

 

暑くなってからじゃ遅い!

菌ピタ君の詳細記事はこちらから

 

サラリーマンの方はマストアイテム 消臭靴下で足の激臭をシャットアウト

足の臭い、雑菌対策として、石けんやインソールを紹介してきましたが、やはり注目したいのは、消臭靴下です。

 

靴下の臭いをどうにかしたいのであれば、臭わない靴下を履くのが一番ですよね。しかし、残念ながら、消臭、と記載されているだけで、効果を全く実感できないものも多いといわれているのです。
そこで、絶対に損をしない消臭靴下の4つの大きな種類について、説明します。

 

消臭靴下 4つの種類

消臭靴下と呼ばれるものには大きく分けると4つの種類があります。

  • 物理的消臭
  • マスキング消臭
  • 生物的消臭
  • 反応消臭(イオン消臭・分解消臭)

この4つが主なものになります。

 

物理的消臭方式とは

臭いを閉じ込めることで臭いを消す、というもの。
臭いはとても小さな物質が空中を浮遊することで鼻に入り、人は臭いを感じます。つまり、浮遊させないように閉じ込める方式が物理的消臭となります。冷蔵庫にある活性炭や竹炭などが有名ですが、臭い分子を吸着できる小さな孔が数多く開いているのが特徴です。
しかし、物理的消臭は臭いを無臭化しているのではなく、臭い物質を吸着し浮遊しないようにしているだけなので、湿度や温度の変化、飽和状態になれば、再び臭いが発生してしまうという点があります。

 

マスキング消臭方式とは

マスキング消臭方式は靴下ではあまり採用されません。別の臭いで悪臭をわからないようにする消臭方法。
身近なところではトイレの芳香剤などに使われていることが多いようです。ただし、悪臭と香料の臭いが混ざり合うことで、逆に不快なニオイになってしまうことがあります。

 

生物的消臭方式とは

生物的消臭方式とは名前の通り、菌にアプローチする消臭方式。抗菌靴下などは、この方式を採用して、作られています。菌の繁殖を抑制できれば、臭いも抑制できるものの、一度発生してしまった臭いに対しては残念ながら、効力は全くありません。

 

反応消臭方式

靴下,臭い,対策

反応消臭というのは臭い物質には形があります。人間は数十万種類の臭いを感知することができる、と言われていますが、臭いを臭わない形に変化させることで無臭化(臭いとして感じなくなる)という方式です。この反応消臭としてイオンが有名です。短時間で大容量の臭いを無臭化するので、臭わないという実感を感じられるのです。

 

この4つが主な消臭方式ですが、臭いを無臭化する反応消臭式の消臭靴下が最もオススメの消臭靴下です。消臭効果が格段に優れており、様々な臭い物質をほぼすべて無臭化する消臭靴下が急速分解消臭靴下のデオルソックスです。臭わない実感をほぼすべての方が実感でき、メーカーサイトで購入すると満足保証制度もあるため、損することなく、臭い対策をすることができます。元々デオルソックスの販売メーカーは介護用品を中心とした衣類などでしたから、臭い対策においてはプロです。サイズも豊富にありますから、まずは1足、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

スプレーするだけで画期的に靴下を無臭化する

靴下,臭い,対策

靴下を消臭靴下にする方法をご紹介しましたが、今、履いている靴下を臭わない靴下にする方法もあります。それが、消臭スプレーです。

消臭スプレーというと、くさくなったものを消臭する、という後手対策のイメージがありますが、事前に靴下や靴、衣類にスプレーうすだけで臭わない靴下や衣類にすることができる画期的な消臭スプレーがヌーラです。ヌーラは急速分解消臭靴下デオルと同様のイオン消臭方式です。会社に行く前に、外出の前に靴や靴下にシュシュっとスプレーするだけで、臭わない靴、臭わない靴下にすることができるのです。

 

足の臭いは足自体が臭うというよりも、足が蒸れて雑菌が繁殖することで起こるもの。靴下を履かなければそこまで蒸れることがありませんから、足の臭い=靴下のニオイといっても過言ではありません。この靴下を消臭スプレー ヌーラで臭わない靴下にしてしまえば、ほぼ1日は足の臭いはしなくなります。

 

衣類、絨毯、カーペット、スーツ なんにでも使えてなんでも消臭します

消臭スプレー ヌーラの詳細記事はこちら

 

靴下に重点を置いて紹介してきましたが、点状角質融解症は臭いだけではなく、皮脂や角質、老廃物も大きな原因となるので、殺菌作用、抗菌作用のある制汗クリームなども利用したほうが良いでしょう。
当サイトのトップページでは、点状角質融解症に対して改善効果が期待できるアイテムをほかにもご紹介しておりますので、ぜひ参考になさってください。

【点状角質融解症トップページへ】

 

足の臭いは靴下から発生!靴下のニオイ対策徹底解説 まとめ

・臭い対策は社会人としてもマナーの一つ。靴下の臭い対策は人間関係にも影響するかも。
・靴下の臭いの原因は雑菌が繁殖すること。点状角質融解症の原因と同じ。
・靴下の臭い対策を行うことは点状角質融解症の対策、予防、改善にもつながる
・菌が繁殖しない状態の足にすることが点状角質融解症、足の臭い対策となる